• ホーム
  • トリキュラーは副作用も少なく不用意に子供ができない

トリキュラーは副作用も少なく不用意に子供ができない

微笑んでいる女性

子供を産むということは、女性だけに与えられた大きな特権で、人生における最大の命がけの仕事です。
十か月という長い間、自分のお腹の中で育て上げ、この世に生命を持った人間として誕生させるのですから、地球存続のためにも素晴らしい貢献をしていると自負しても良いでしょう。
しかし、女性は妊娠すると、心身ともに大きく変化していきます。
妊娠期間中には、どのような不具合が身体に現われるとも限らず、今まで普通にこなせていたことが、全くできなくなってしまうこともあるのです。
仕事を持つ女性であれば、周囲に迷惑をかけないようにするためにも、予定外の妊娠は避けなければなりません。
健康な妊娠生活を送り、安定した精神状態で出産をしたいのであれば、妊娠をしても良い環境に整え、周囲のサポートも受けられる状態にしてから妊娠するのが望ましいでしょう。
そのためにも、子供を持つことを望んでいない間は、ピルを服用して自分で自分の身体を管理しておきましょう。
近年では低用量ピルが解禁となり、より副作用のリスクを抑えながら、高い避妊効果を得ることができるようになっています。
日本では数種類の低用量ピルが流通していますが、中でもトリキュラーは非常に優れたピルで、初心者でも扱いやすく、副作用も少ないといわれています。
トリキュラーは、含まれるホルモン量が段階的に変化する三相性のピルで、女性の身体に本来備わっているホルモンバランスに近づけるように開発されているので、ピルの飲み始めに起こりやすいといわれている不正出血もほとんど見られません。
毎日一錠、決まった時間に服用するだけで、ほぼ百パーセントに近い確率で避妊を成功させてくれるので、望まない妊娠という十字架を背負わずに済みます。

サイト内検索
人気記事一覧