• ホーム
  • トリキュラーの服用年齢と服用期間について

トリキュラーの服用年齢と服用期間について

ファイトをしている女性

トリキュラーは低用量ピルの1つで、正しく使うことで脳が身体は妊娠したと勘違いし、排卵の停止の命令を出すことで避妊の効果を発揮することが出来ます。
トリキュラーを使用し効果を得るためには排卵をしている、つまりは生理が来ている人、ということになるので、たとえ未成年の様な若い年齢でも使用することが可能です。
実際に高校生でも月経前症候群の改善に処方されることもありますし、欧米では10代の女性がホルモンバランスを整えるの様な理由から低用量ピルを服用しているケースは多くあります。
これに対し、40代以降の女性にもトリキュラーが処方されることがあります。
40代といっても妊娠可能な年齢ではあるので、避妊目的や子宮系の治療で使用する人もいますが、もう1つの処方理由として更年期障害の緩和があります。
40代で更年期障害、と不思議に思う人もいるかもしれませんが、40代はプレ更年期と呼ばれる時期で、生理不順になったりホルモンの変化でイライラしたりするようになる人がいます。
トリキュラーには妊娠時に多く分泌される黄体ホルモンが配合されていますが、これを定期的に身体に摂取することで乱れがちなホルモンバランスを整え、生理周期を整えたまま更年期を迎えることが出来るとされています。
しかし年齢や喫煙によっては副作用が比較的少ないとされているトリキュラーでもリスクが高まる場合があります。
そのためトリキュラーを服用する場合は医師に相談し、年齢によってはどれくらいの期間を服用するのか、副作用が起こるリスクとはあるが重大な副作用は何かなど、しっかりと説明を受けてから服用するようにしましょう。
どの年代でも女性の味方になってくれるトリキュラーですが、場合によってはリスクがあるということも覚えておきましょう。

サイト内検索
人気記事一覧